2006年02月24日

妄言ですので

もしも。

スウェーデンU代表が日本に来たら。

@成田まで行く。横断幕作って。
ちなみに横断幕には「Runan Dahlberg Dolle」と書く。
Granqvistも余裕があったら入れる。

Aホテルに行く。サインもらう。
Dolleの性格の曲がり具合を見届けて泣く。
Runanの美しさに涙する。
サミュには「だべさ」と言ってもらう。

B試合に行く。朝から場所取り。
マフラー、ユニ(上下)、傘、帽子、旗などスウェーデングッズを全て携帯していく。
ついでに応援歌の歌詞を10人分くらいすっていく。皆で歌う。
拡声器と太鼓は必要かもしれない。横断幕は空港にもっていったものを使用。
カメラとオペラグラスは必須。


C翌日ホテルに行ってお見送りする。
Runanの美しさに泣く(ずっとそればっかり)
Pollyの眉毛に笑う。


…そんな妄想をして喜んでます。
posted by 殿下 at 21:51| Comment(28) | TrackBack(0) | 思いついたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

お買い物っ♪

本日はコートとブーツを購入。
どちらも来年の冬用です。
わーい、大満足♪モスグリーンは可愛いです。


…って言っても書くことないんですけどね、これ以上。
なので仕方がないのでうちの弟のことでも書きます。
今日母と親バカ&姉バカトークを繰り広げましたがはっきりいってうちの弟はモテそうです。
そして実際モテます。
もっと早くなんかアイドルとか目指させてればよかったのかなー
なんか顔がかっこいいわけじゃないですが雰囲気がかっこいいっていうか。
姉が言ってる時点で信憑性ないですけど。
これでうるさくなくてバカじゃなくて性格がよければなあ…
posted by 殿下 at 21:21| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

超久しぶりに

更新しています。最近のできごとを色々並べてみましょう。

@フィンランド代表戦を見に行った。
仲良くしていただいているスウェーデンリーグのファンの方のおかげで見に行けました!
なんでフィンランド?って思う方もいらっしゃるかもですが、
私の好きなチームのFWとDFがいるんですよー!!
スタジアムは4万人の日本サポと多く見積もって50人のフィンランドサポではちきれそうでした。
ビニール紐で囲われた妙に人口密度の低い空間…紙っきれに殴り書きされた「フィンランド席」の文字。
これぞマイナーの醍醐味!(強がるなよ)
あーもう。でも温かく応援できました。
もうもう本当にありがとうございました。

Aアイドル狂になった。
どっかの誰かさんのせいです。
そうです。
アキバ系で一日中ゲームしててクリスマスにはガンダムのプラモを作ってて
運動神経が抜群に良くてアクロの鬼でタップとラートとジャグリングができて
空気が読めなくて多分ちょっとナルシストで駄洒落大好きだけどつまんなくて
「やほーい」で「もうダメだぷぅ〜」でいつもにこにこしてて
なんていうかどことなくキモカワイイ雰囲気が漂ってるんだけどそこが魅力で
スレてる周りの中で清純派(?)で王子様系(??)な雰囲気を漂わせている
そんな人が大好きです。

もうなんか、自分がまさかハマるとは思ってなかったんで吃驚ですね。
でも大好き。It's ○○ dream!!

B自動車教習を鬼のようにやっている
緊張します。疲れます。道覚えられません。


それくらいですかね…うん。
もっとちゃんとブログ書きます。
posted by 殿下 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いついたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

テストが終わったんですよ

八日で終わりました。
今回の終わりが全ての終わりな気がします。
ここまで必死に、高校っぽいテスト勉強をするのも最後でしょう。
さよなら私の青春。

ってことでスウェーデンのHPを復活させてみたり、色々動いてます。
友人を呼んでひたすら食べたり(お菓子を)肉に参加してひたすら笑ったり(肉ネタで)しました!
ああああ、自由だー
posted by 殿下 at 22:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 思いついたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

ちょっと一段落

こんにちは、お久しぶりです。
怒涛の試験ラッシュだった私ですが、なんと土曜と日曜は休みという素晴らしいことに気付きました。
月曜と水曜であと五科目あります。ファイトです。

ってわけで私はほとんど家か図書館にしかいないので面白ネタがありません。
強いて言えば超久しぶりにいったミスドでもらったスクラッチがいきなりあたり、かばんをもらったことです。
あれってアタリとかの制度になってから初めて行ったかもって感じだったので新鮮。

あ、それとそれと、電車の中で一緒になった人の会話ですね。
「なーお前知ってたー?ウ○ンツ瑛士って高井戸に住んでるんだぜー」
「えマジ?」
「マジマジ。俺見たもん、4回くらい。なんか携帯電話で喋ってたりしてさー」
「相手誰なんだろーな」
「小池○平とかじゃねーの?」
明らかに「ウエ○ツ瑛士の住所ネタ」で盛り上がってほしい前者に対し、後者がズレた反応をしてるのが面白かったです。以上!
posted by 殿下 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

せいしゅんあみーご

テストで追い詰められると思考が北北西の方向にぶっとびます。
なので今日は似合わないジャニーズな話とかしてみたいと思います。


昨年唯一のミリオンだそうですね、青春アミーゴ。
青春、という単語だけで台湾とウズラとincestという単語が頭にちらつく私はすでに英T中毒です。
それはともかくとして、スペイン語を一年間弱学んだ身としてはこの歌詞はいまいちわかりません。

何がわかんないって、サビ。
「Si 俺たちはいつでも 二人で一つだった」
とかだったはずなんですけど。
ポイントは(私は本来ジャニーズにくわしくないのでなんとも言えませんが)Siのiにアクセント記号がないってことです。
Siにアクセント記号があった場合、意味は「yes」なので歌詞の意味は通りますね。
いわゆる間投詞的な用法でしょう。


しかし、Siに本当にアクセントがないとすると、これはどうなるかといいますと。
実は英語の「if」のような意味になり、「〜だったら〜だろう」的条件文の印になるんですね。
ってことは。
訳すと…

「もし俺たちがいつでも二人で一つだったなら、地元では負けを知らなかっただろうに」
(現実:1+1はやはり2だったので地元で敗北を味わった)

「もし俺たちが昔からこの町にあこがれていたならば、信じて生きてこられただろうに」
(現実:特に町に対する憧れはなかったので不信感をもって育った)

「もし俺たちがあの頃この町にたどり着いたならば、全てが手に入る気がしただろうに」
(現実:たどり着くのが間に合わなかったので、そんな気分になれなかった)

「もし故郷を捨て去り、デカい夢をおいかけていたら、笑って生きてこれただろうに」
(現実:やっぱりホームシックになって故郷に帰ったので笑顔を失った)



すごいネガティブな、世の中を呪った歌ですね…
すいません、やってみたかっただけです。
ちなみに本当にアクセント記号があるかどうかは知りません。
あったらすいません。
ついでに世の中のジャニーズファンの皆さんすいません。
特にMなちゃんとか、M尾Y子とかごめんなさい。
英T前の特殊な精神状態ってことで許して下さい。

Si nosotros eramos …(スペイン語訳挫折)
posted by 殿下 at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 思いついたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

諸行無常

実に一週間ぶりですか?もっとですか?
もう、肩が痛くてそれどころじゃありません。
毎回試験前には延長11回まで投げきった先発ピッチャーの気持ちになります。


物理的に試験に間に合いません。
木曜が試験です。金曜も試験です。月曜も試験です。
なのに土曜日は正規練で、気付けばVT割り振り初仕事でした。
やりとげてみせますー!!!…がはっ


まあそんなローなことはどうでもいいんですよ。
重要なのは柏葉必修映画(私が指定)の

「歓びを歌にのせて」
公開延長


ってことですよ。
二月半ばまでやるそうです。皆見に行ってください。
私も何度でもいくので、もし一緒して下さるなら誘ってください。
見て損は本当にないですよ、歌やるひとなら。
posted by 殿下 at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 思いついたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

As it is in heaven

「歓びを歌にのせて」をみてきました!!


これが何かっていうとコレ
なんですけどね。
スウェーデン映画で、合唱映画です。
高名な指揮者だった人が体調不良で引退して、故郷に戻るんですよ。
それで、そこの聖歌隊を指揮することで自分が目指した「人の心を開く音楽」を作ろうとするんです。


スウェーデンの、合唱映画ですよ??
私がみなかったら全国の誰がみるんでしょうか。



で、ともかくよかったです。すごく、直に音楽の力を感じました。
ラストシーンをみていて、「ああ、音楽ってこれだよなあ」って。
なんか色々書きたいんですけど、書きません。

っていうか。皆さん見に行ってください。
むしろ見に行きましょう。

音楽をやっている人ならばきっと、何かしらうけとるものが、思うものがあるはずです。
テストどころじゃありませんよ(笑)
posted by 殿下 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いついたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

As it is in heaven

「歓びを歌にのせて」をみてきました!!


これが何かっていうとコレ
なんですけどね。
スウェーデン映画で、合唱映画です。
高名な指揮者だった人が体調不良で引退して、故郷に戻るんですよ。
それで、そこの聖歌隊を指揮することで自分が目指した「人の心を開く音楽」を作ろうとするんです。


スウェーデンの、合唱映画ですよ??
私がみなかったら全国の誰がみるんでしょうか。



で、ともかくよかったです。すごく、直に音楽の力を感じました。
ラストシーンをみていて、「ああ、音楽ってこれだよなあ」って。
なんか色々書きたいんですけど、書きません。

っていうか。皆さん見に行ってください。
むしろ見に行きましょう。

音楽をやっている人ならばきっと、何かしらうけとるものが、思うものがあるはずです。
テストどころじゃありませんよ(笑)
posted by 殿下 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いついたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

リラダーラナ

ついに今日はスウェーデン料理作戦決行!
なんか当日はドタキャンとか私のミスとかいろいろあったんですがまぁなんとか。

やっぱりあのお店はおいしい!
あの値段で前菜(?)からコーヒーまでつくなんて良心的☆
お店もかわいいしーひよだはロックスターだし。
今回もミートボールを食べて大満足の私でした。


その後はヒルズ観光。
ひょんなことからヴィヴィアン展をみることに。
いやー、すごいわ。
かわいいしかっこいいし、どうしてこんなの思い付くんだろ?って。
ドレスきてみたいなー!



そんなこんなで柏葉遅刻しました。まことに申し訳ございません。
posted by 殿下 at 19:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。