2005年10月30日

スペイン語勉強中

ふと思ったこと。



現在読んでいるお話に矛盾を感じます。

なんか、昔話のお姫様の話題なんですね。
それでですね。なんかものすごく目がキレイな人で、全ての男が恋に落ちたとか。
でも一人だけ恋に落ちなかった人をお姫様は好きになっちゃって、
どうしたら愛してもらえるのかとある人に相談したら
「あまりにあなたの目が綺麗だから満月が嫉妬してるのよ」とかいわれて
満月との交渉の末、その男の愛とは引き換えに自分の目を失った、と。
その目はお月様の隣で綺麗に輝いていたのでしたー

とかいうロマンチシシモなお話なのですが。


その目がですねー、記述によると
「月のない夜のように黒く、深みがあった」そうで。


ってそれじゃ月の横にあっても輝かないじゃん!!

いまいち納得できません。
posted by 殿下 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。